貸事務所を決めて働く環境を整えよう~個人企業の一歩はココから~

人気の店舗物件

居抜き物件は通常かかるコストの半分程度になることもあります

居抜きとは、前に入っていたお店が厨房機器や家具、壁やカウンター等といった資産をそのままにしている物件を指します。 そのまま開業できるくらい、一通り揃っているような物件もあるので、出店時の初期コストを抑えながら開店できるのです。 スケルトンといわれる壁や天井すらない状態で開店するのと比べ、半分から三分の一のコストで済むといわれています。 またスケルトン状態からだと内装工事が必要になり、工事期間も賃料が発生します。 居抜き物件は工事が不要かあっても短期間で済むので、開店前の賃料節約にもなります。 しかし残っている厨房機器やエアコンも古い型だとメンテナンス費用がかかります。 またエアコンは場合によっては最新型の二倍近い電気代がかかる事もあります。 初期コストの低さだけをを優先すると、ランニングコストが高くなってしまう事もあるので注意が必要です。

前の店舗イメージがあるからこそのメリット

開店時の初期コストを低く抑える事ができる居抜き物件ですが、他にも特徴があります。 それはもし以前入っていた店舗と同じ業種で開業する場合、前の店舗の客を取り込める可能性がある事です。 利用する客側も、家具や内装が前の店舗と同じであれば見慣れている為、入りやすいでしょう。 前に入っていた店舗の存在自体が宣伝となるので、メリットといえます。 もちろん前の店舗のイメージが残る事はメリットだけとはいえません。 前の店舗を超えるイメージを客に植えつけなければリピーターは獲得できません。 しかし前の店舗の雰囲気が分かる居抜き物件だからこそ、前の店舗を越えようというモチベーションも湧く事でしょう。 これは居抜き物件ならではの特徴といえます。